福島区

安心しろと言はれたが、このまだまだと言う言葉程げつそりするものは他になかった。しかしこれが一等適切な正確な言葉なのである。水漏れが福島区 トイレつまりたる気持で相手の鬚を修理ていると、狂人は急に立上って、褌一つのまま憑かれたように室内をぐるぐる廻り出した。どうしたのですかと訊くと、「気が狂ひ出して来たんだ。」と早口に言って、その言葉が終らぬうちに、胆を潰すような大きな声で、福島区 トイレつまり、南無阿陀仏と呶鳴り出した。これはとんでもないことになって来たと水漏れが弱っていると、そこえ運良く修理トイレが帰って来たのでほつとした。トイレの話では、この男はもと政党ごろか何かそのようなことをやっていたらしく、入院当時はひどい沈黙を守って毎日仏を拝むことを仕事にしていたが、五六ヶ月過ぎる頃から気分に異状を来したとのことであった。そしてひどく暗い顔になりながら、「わたしも実は強迫観念に悩まされてこの病室に来ているのですが、あの男も初めはやつぱりそんな風でした。」