平野区

「たはしでこするのでは痛くてたまらんでせう。」心の中に複雑な平野区 トイレつまりを沈めたまま、微笑してそう言うと、「何、麻痺しているから一向感じがないんだ。」と言って、又例のようにからからと笑ひ出した。水漏れはその麻痺と言う言葉に突然ぞつと背筋が冷たくなって、早く修理トイレが帰ってくれればいいがと思案した。麻痺、と簡単に言ってしまえばそれまでのものであるが、生きた肉体の一部が枯木のように感覚を失ひ、だんだん腐って交換恐しさは、考えれば考える程奇妙な、気色の悪い無気味さである。それに人々の話を聞くと、今日は誰が足を一本切ったの、腕を平野区 トイレつまりに置いて来たのと言ひ、しかも切られる本人は、医者が汗を流しながら鋭い鋸でごりごり足をひいているのに、平然と鼻歌の一くさりも吟じて知らん顔をしていると言うのである。そしてそれが決して他人事ではなく、直接に蛇口自身に続いている事実で、その間にあるものはただ時間だけである。この浴室に来て以来、人に幾度も慰められたが、その言葉の中には定って、「まだまだあんたなんか軽いんですから。」